ブログ&当院からのお知らせ「ひょうたん日和」

当院の公式ブログです!ここで様々なお知らせだけでなく、病院での出来事、かわいい動物たちの様子なども更新していきますのでどうぞお楽しみに!

こいも。術後~抜糸までの闘い!の巻~

さて、久しぶりのこいもブログ更新です♪

内容は覚えていらっしゃいますか?

こいも、避妊手術を受ける!の続きになりますよ~(*^^)v

無事に手術を終えたこいもが、抜糸にたどり着くまでのお話し。

手術で縫合した傷口を舐められないように、

カラー(襟巻のような物)と腹巻のような服を着せて

約2週間、生活させなければなりません。

このカラー&服の状態で過ごさせることがけっこう大変!!!

カラーのせいでご飯が食べ辛そうだったり、

トイレのにおいを嗅ぎ辛そうだったり・・・

ストレスが溜まるだろうなぁと思い私が家にいる間は

カラーを外して生活をさせていました。

↑カラーを外してもらい上機嫌で洗濯機に登っているこいも↑

カラーを外しても良い子にしてくれていたので、

服もグルーミング出来なくてストレスも溜まるだろうな・・・

様子を見てあげられる時間は服も脱がしてあげよう。

そう思い、まず服を脱がせカラーを外したとたん・・・

こいもがダーッと走って、棚の後ろに逃げ込んだ!!!

ええええええっっっ?!

なんで逃げる?!

逃げ込んだ棚の裏に私の手は届かず

必死で棚をずらして、こいもを確保!

そして、私が見た光景は・・・・・・

たった数分で傷口を舐め、自分で1糸引きちぎり

お腹を血まみれにしたこいもの姿でした・・・(泣)

慌てて傷口をキレイなガーゼで押さえ、絆創膏で

応急処置をすませ、汗だくになりながら私は思いました。

私の優しさがアダになったのだ・・・・と。

↑この写真はその騒動直後に撮ったものです。↑

こいもが疲れてるでしょう?(苦笑)

その後、私は家にいる時も、仕事で留守にする時も

カラーと服をとることはありませんでした。

・・・2週間で抜糸の予定でしたが、自分で舐めて糸を抜き、

傷口が腫れてしまったこいもは、腫れが治まってからの抜糸と

なりました。

↑抜糸時、ものすごく不服そうな顔のこいも↑

術後快適に過ごさせてあげたいとの思いから外したカラーや

服のせいで、結局は2週間以上こいもに不自由な生活を

させる結果になってしまいました。反省・・・・・。

今回のことで、カラーや服の重要性を再認識した私は

今後も動物看護師として、飼い主のみなさまに術後の

自宅管理の重要性についてお伝えしていければなぁと

思っています!!

コメントを残す

▲ページの先頭へ

ブログのトップページへ

↑ページの先頭へ